取り扱い媒体 新聞広告の企画・制作

記事下広告から案内広告まで様々な展開をプランニングします。

  1. TOP >
  2. 取り扱い媒体 >
  3. 新聞

記事下広告(1段〜15段)

記事下広告とは、各紙面の記事の下部に掲載される最もオーソドックスな新聞広告です。
1段〜15段(1面)を選択可能なので、ご要望に沿った広告出稿が可能です。

イメージ

案内広告

企業の求人、不動産売買、映画、演劇のほか、個人の尋ね人や求職広告など最低1段2行から利用できる文字中心の広告。料金は1行単位となる。

イメージ

雑報

記事の下に掲載される記事下広告に対して、記事面の中に特定の小スペースをとって掲載される広告。 広告が入る場所によって、題字下、突き出し、記事中、記事挟みなどがある。

新聞広告のワークフロー

  1. 1

    広告の種類を選定

    記事下広告、雑報広告、案内広告など新聞広告の種類を選定します。
    広告目的や予算に応じて、営業マンがご提案致します。

  2. 2

    掲載する新聞社の選定

    一般紙からスポーツ紙、地域紙など、ターゲット層、告知エリアを考慮しながら
    どの新聞に掲載するかを決定します。

  3. 3

    掲載日と掲載内容の選定

    いつ、どんな広告を掲載するのかをご提案します。
    決まった原稿を新聞社へ入稿します。

  4. 4

    掲載とその後のフォロー

    予定している掲載日に広告が載ります。
    掲載紙として、お客様にお届け致します。

PAGEトップへ