TOP > 一日散策 関西歴史紀行
新着記事を読む
綾小路通柳馬場通両替町通衣棚通

関西歴史紀行とは

時空を深く掘り下げ、埋もれた歴史と記憶のきらめきに出会う……。

今を生きる私たちは、決して歴史と無縁の存在ではなく、むしろ歴史の時の流れのなかに生きているのではないでしょうか。古寺や古社、いにしえの場や老舗店に出向くと、どこからか、懐かしく香ばしい風が吹いてきます。遥かな時の彼方から呼びかける声に耳を澄ますと、脈々と連なる歴史のが私たちを包み込んでくれる気がします。

「関西歴史紀行」は、21世紀にいながら遠い昔へいざなう旅の扉です。
さあ、扉を開けてみてください。

初めのテーマは京都。千年の都には、多くの豊かな物語が満ち溢れています。平安京から鎌倉、室町、安土桃山、江戸、幕末を経て平成の現代まで、東西南北、碁盤の目状に幾筋もの通りがっています。上ル下ル東入ル西入ルと呼ばれる京の通りをご案内して参ります。あなたのお気に入りの場所を見つけてください。

碁盤の目を歩く

北大路、西大路、東大路、そして九条大路の間を「洛中」と呼び、これが平安京本来のエリア。この四角くて大きな空間が、有名な碁盤の目です。桓武天皇が長岡京から遷都してきた当時のものもあれば、その後、豊臣秀吉が改造して設えた通りもあります。京都を知るには、この「通り」を歩くことが最も近道であり、しかも深い物語を読み解くことができます。

京都の通り

平安京が建都されたその後、豊臣秀吉の京都大改造で、更に整備が進みました。
今なお残り、私たちが歩くことができる「通り」は、東西37本、南北32本、合計69本。

columu 京都の子供たちは「わらべ唄」にして通りの名前を覚えました
「丸竹夷」まる たけ えびす に おし おいけ あね さん ろっかく たこ にしき し あや ぶっ たか まつ まん ごじょう せきだ ちゃらちゃら うおのたな ろくじょう さんてつ とおりすぎ ひっちょうこえれば はっくじょう じゅうじょうとうじで とどめさす
「東西の通り丸太町通から南へ九条通まで」丸=丸太町通、竹=竹屋町通、夷=夷川通、二=二条通、押=押小路通、御池=御池通、姉=姉小路通、三=三条通、六角=六角通、蛸=蛸薬師通、錦=錦小路通、四=四条通、綾=綾小路通、仏=仏光寺通、高=高辻通、松=松原通、万=万寿寺通、五条=五条通、雪駄=現揚梅通、ちゃら=鍵屋町通、ちゃら=銭屋町通、魚の棚・六条=六条魚棚通=現六条通、七条=七条通、八条=八条通、東寺道=東寺道、九条大路=九条通

京都の通り1本を端から端まで 1日で歴史を味わう散策コース

PLAN01 綾小路通 Ayanokoji

綾小路通 Ayanokoji
綾小路通 Ayanokoji
綾小路通 Ayanokoji
綾小路通 Ayanokoji綾小路通 Ayanokoji

 綾小路通は、平安京建都以来の歴史ある通りで、寺町通から右京区西院あたりまで、4.5キロの東西の道です。四条通の一本南側、平安京のほぼ中心部を抜ける道であったことから建都以来、豪商など富裕層の民が屋敷を構えていました。四条通の一本上(=北側)は「錦小路通」ですが、本来は甲冑や鎧・兜などを商う店が並んでいたのでしょうか、かつては「具足(ぐそく)通」と呼ばれていました。

 『宇治拾遺物語』の「清徳聖奇特の事」によると、清徳なる聖(ひじり/諸国を回遊した仏教僧)が、母君を亡くして棺を愛宕山へ納め、3年間断食して成仏を祈ったところ、「息子よ、私は成仏できて、天上界で男の子となって生まれ変わったよ」という母の声を聴きます。安堵した清徳は京の町へ戻る途中、3年間の断食から解放されたので自生していた「ミズアオイ」を驚くほど食べてしまいます。それを聞いた九条右大臣の藤原師輔(もろすけ/平安前期から後期の公卿・歌人 909~960年)が白米10石(10000合!)を炊いて差し出したところ、清徳に憑いていた餓鬼や畜生、虎、狼、犬、鴉などが瞬く間にその飯を平らげてしまいます。藤原師輔は、「清徳は一口とも米を口にしなかった。ただの人ではない。仏である」と感心したそうです。

 そこを出た清徳は、四条通の北「具足通」に差し掛かったとき、餓鬼畜生獣どもが至る所で「糞」を垂れたので町衆は驚き、この通りを「クソ小路」と呼ぶようになります。ところがそれを耳にした時の村上天皇は「クソとはいかなることか。四条通の一本南は何という通りか?」と尋ねられ、「綾小路にございます」と聞いて、「綾ならば、錦と改めよ」と仰せられ、「具足小路→クソ小路→錦小路」と名前が変遷したのです。

 「綾錦」とは、“綾錦を纏う秋の山並み”と表現されるように紅葉を喩える語で、平安中期の歌人和泉式部が綾(現在の宮崎県東諸県郡綾町)の山頂から眺めた美観を「金銀綾錦」と讃えた故事に由来する言葉だそうです。また、幕末期に幕府と朝廷の橋渡しとなった和宮(仁孝天皇の第八皇女/1846~1877年)が、夫である徳川家茂が亡くなったときに詠んだ「うつせみの唐織衣なにかせむ綾も錦も君ありてこそ」という追慕の歌にも「綾と錦」の言葉がみられます。江戸から京都へ長州征伐に出かけた家茂に、西陣織の衣を土産にとお願いした和宮でしたが、いとしい夫が亡くなってしまっては、きれいな綾錦の織物も何の役に立つの?と嘆く心情を詠っています。

 今回はこの「綾小路通」を、寺町通の「京都大神宮」を起点に歩きだしましょう。

綾小路通は寺町通の京都大神宮から
綾小路通は寺町通の京都大神宮から綾小路通は寺町通の京都大神宮から

綾小路通は寺町通の京都大神宮から

 ところで、綾小路と聞いてミュージシャンやお笑いタレントを思い起こす人も多いと思いますが、樹木希林さんがかつて出演したCMで、写真店のスタッフ役の岸本加世子さんに「あの、お客さん、お名前は?」と聞かれて、希林さんが「あたし?綾小路だけど、裏の。さゆり…知らなかった?」と答える場面があります。綾小路という響きはどこか高貴で格調高い雰囲気があるのでしょうか。それを希林さんの破天荒な演技で茶化しているところが面白かったと思います。

 綾小路通は、この「関西歴史紀行」の第1回目でご案内した「寺町通」から始まる通りで、四条通の一本南にある「京都大神宮」が起点となります。
 「京都大神宮」は明治6年(1873)伊勢神宮の内宮外宮より天照皇大神、豊受大神の分霊を勧請し、明治8年に社殿を建立。江戸時代から盛んになったお伊勢参りでしたが、どうしても叶わない人たちのための遥拝所としての役割を担う神社です。

 鳥居の前から西に向かって綾小路通が伸びています。四条通へ抜けていくクルマが結構多いので、気をつけましょう。鎌倉時代までは武家屋敷も並んでいましたが、町が大きくなるにつれ四条通の経済的な繁栄とともに、商家が増加しました。

神明神社、本居宣長、大原神社などをめぐる
神明神社、本居宣長、大原神社などをめぐる

神明神社、本居宣長、大原神社などをめぐる

 堺町、柳馬場通を越えて、高倉通を少し西にいくと、「神明神社」という小さな社があります。天照大神と学問の神様・菅原道真公を祀り、榎神明という名で地域に親しまれている神社です。平安時代末期、藤原忠道の屋敷がこのあたりにあり、その邸内にあったのが由来です。

 案内板には、「近衛天皇の時代、頭は猿、尾は蛇、手足は虎の「鵺(ぬえ)」という怪鳥が毎夜、空に現れ都を騒がせた。弓の名手であった源頼政(よりまさ)は退治の命を受け、神明神社に祈願をこめた後、見事に鵺を退治した。」と記されています。この時の弓矢の「やじり」の2本が宝物となっています。ご挨拶がてら、お参りしたいものです。

神明神社

〒600-8092
京都市下京区綾小路通高倉西入ル神明町

 広い烏丸通から室町通を越えると、左手(南側)に「本居宣長先生修學之地」という石碑がビルの片隅に建っています。本居宣長(もとおり のりなが/1730~1801)は江戸時代の国学者で文献学者、医師でもあった「知の巨人」で、医業の傍ら『源氏物語』をはじめ『古事記』などの日本古典を研究に大きな功績を残した人物です。『源氏物語』に流れる「もののあわれ」という日本特有の情緒こそが日本文学(文化)の本質であることを指摘しました。多くの門人を抱え、先生として尊敬されていました。

 本居は伊勢国松坂の生まれで、22歳の時に京都に遊学します。そして、医学を堀元厚と武川幸順に、儒学を堀景山に学びます。医者になることを目的としながらも、京都で暮らしたことが、華やかな平安時代、王朝文化への憧憬となり、『源氏物語』研究に結びついたのでしょうね。石碑は、堀景山と武川幸順がこの地で塾を開いていたことに由来します。22歳の宣長は、学問に熱中しながらも、この綾小路通を闊歩したのでしょうね。

京都市下京区綾小路通新町東入南側付近

 「本居宣長修學之地」石碑の向かい側に、「大原神社」という小さな社が見えます。由緒の木板には、「當神社は元丹波國から御勧請(おうつし)したものと云い傳えて居ります。御祭神伊弉冉(いざなみ)大神は伊弉諾(いざなぎ)大神の御妃(おきさき)神様で天照大神の御母神に當らせられ、我國土(わがくに)を始めて御造りになり、萬物の祖神を御生みになつた誠に有難い神様であります。」という簡潔な一文が記されています。丹波國とは福知山のことで、福知山市三和町に大原神社があります。『古事記』『日本書紀』にもその名が登場する古刹で、江戸時代には「牛王札(ごおうふだ)(牛王宝印ともいい、厄除けの護符のこと)」が配布されました。この護符を配布する地を「檀那場(だんなば)」という寺社を支援する人たちの場所が設けられ、綾小路通の大原神社もその一つであったといわれています。

 大原神社では、日本三大祭りのひとつ「祇園祭」の綾笠鉾の巡行の無事を祈り儀式がおこなわれる場所でもあります。立ち寄ってご挨拶しておきたいものです。

大原神社

〒600-8431
京都市下京区綾小路通室町西入ル善長寺町135

 ここから少し西へ行くと、国の重要文化財に指定されている「杉本家住宅」があります。約300坪の敷地を持つ大きな京町家建築物で、現在は「公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会」が設立され、施設を公開されています。

 通りから眺めるだけでも、古き良き時代の建物が持つ味わい深い雰囲気が楽しめます。

杉本家住宅

〒600-8442
京都市下京区綾小路通新町西入ル矢田町116番地
綾小路橋の遺跡を越えて
綾小路橋の遺跡を越えて綾小路橋の遺跡を越えて

綾小路橋の遺跡を越えて

 なつかしい仁丹の琺瑯看板などを眺めながら西へ歩を進めると、堀川通に行き当たります。綾小路通には信号機がありませんので、一本北の四条通の横断歩道を渡りましょう。

 堀川通と四条通の南東角の敷地に、「綾小路橋」と刻まれた石が4つ置かれています。これは、今は暗渠となっていますが、堀川通には川が流れていた頃に橋が架かっていたその遺物でしょう。大きな石塊なので、橋自体も大きなものだったことが想像できます。

 堀川通を越えて、ひたすら綾小路通を行くと、千本通に行き当たります。ここも信号機がないので、四条大宮の横断歩道へ迂回します。四条大宮は、かつて阪急電車の終着駅で、タ-ミナル駅として大いににぎわいました。今は阪急の特急電車も通過してしまう駅になってしまい残念です。この四条大宮の交差点を少し北へ上ったところに、「餃子の王将」第一号店の店舗があります。昭和42年(1967)にこの地で開業したもので、餃子といえば、「王将」の名が思い浮かぶほどですね。時間があって空腹なら、立ち寄ってもいいかもしれません。

新選組ゆかりの壬生

新選組ゆかりの壬生

 しばらく行くと、「太祇居士墓/四明翁句碑」と「山陽先生瘞髪碑山内ニ在リ」という石碑が建っています。光林寺という浄土宗西山禅林寺派の寺で、太祇とは、江戸中期の俳人である炭太祇(たんたいぎ/1709~1771年)のことで、島原の遊郭の中で不夜城ならぬ「不夜庵」を作り作句したそうです。四明翁とは、正岡子規に師事した俳人中川四明(なかがわ しめい/1849~1917年)で、京都奉行所の与力でもあった人物です。そして、もう一つの石碑、山陽先生とあるのは江戸後期の文人の頼山陽(らい さんよう/1781~1832)の遺髪がこの寺に納められていることを示しています。頼山陽は、生前に遺髪塚を建てたといわれています。

 大宮通あたりから西大路通にかけての広い範囲を「壬生(みぶ)」と呼びます。壬生と聞いて「新選組」を思い起こす人も多いはず。近藤勇、土方歳三、沖田総司といった名前が浮かんでくることでしょう。この壬生界隈は、新選組が結成されて最初に集団生活をした「屯所」があった地域です。新選組とはどういった集団であったのか、簡単にご説明しておきましょう。

 新選組とは、江戸の徳川幕府を守るために、反対勢力を押さえ込む治安警察のような存在でした。徳川家康が開いた江戸幕府は、270年以上の時を経て、幕藩体制が古くなり、さらに外国からの圧力などもあり、近代国家への道を歩まざるをえない時代を迎えます。その道を推進しようと立ち上がったのが、「西郷どん」の薩摩藩、桂小五郎や高杉晋作の長州藩、坂本龍馬の土佐藩などで、そうした改革勢力を取り締まるために結成されたのが新選組でした。京都守護職であった会津藩松平容保(かたもり)預かりの組織でしたが、政治的発言力などは持たない武闘集団。近藤勇をはじめ、土方歳三や沖田総司などは農家や商人の息子たちであり、彼らには「サムライになりたい」という願望があったのです。

 歴史の教科書風にいえば、幕末の記録されるべき出来事は「ペリ-の黒船来航」や「大政奉還」、「王政復古の大号令」などで、これらが「正史」とされます。そこには徳川慶喜や後藤象二郎、山内容堂など権力を持つ人物が登場します。それに対して、新選組は歴史の脇役端役にすぎない存在です。文久3年(1863)の新選組結成から、戊辰戦争で徳川勢が敗北する明治2年(1869)までの数年間だけ活躍した組織。しかしそこには、さまざまなドラマがあり、魅力的な人物像があり、彼らが京都の町に残した痕跡に人々は興味を抱きました。その原点となったのが、小説家・子母澤寛(しもざわ かん/1892~ 1968年)の『新選組始末記』です。この本が出版されてから新選組は注目を集め、その後、司馬遼太郎の『新選組血風録』や『燃えよ剣』などの小説によって多くの人たちに広まりました。

 新選組の原点となったのが、ここ「壬生」です。綾小路通を歩いていくと、「新選組之墓」という石碑が建つ寺院と出会います。浄土宗・光縁寺(こうえんじ)です。この寺の住職である良誉上人は、新選組隊士の山南啓介と親しく、亡くなった隊士の墓を建て、山南本人もここに眠っています。供養料を払えば墓参することができます。

光縁寺

〒600-8389
京都市下京区綾小路通大宮西入四条大宮町37
拝観時間:午前9時~午後5時
拝観料:隊士の供養料100円
京都ではめずらしい律宗の壬生寺

京都ではめずらしい律宗の壬生寺

 坊城通と交差するところを南へ下ると「壬生寺」が見えてきます。新選組ゆかりの寺院です。創建されたのは正暦2年(991)で、三井寺(園城寺/滋賀県大津市)の僧である快賢が母堂のために建立したといわれ、当初は「小三井寺」という名の寺だったとか。京都では少ない律宗の寺院で、律宗とは奈良の南都六宗(倶舎・成実・律・法相・三論・華厳)の1つで、総本山は鑑真和上の唐招提寺です。

 壬生寺で今も有名な催事が「狂言」です。中世の頃、融通念仏の円覚上人が始めたものといわれる「壬生大念仏狂言」は重要無形文化財に指定され、毎年節分と4月、10月に開催され、多くの観客が集まります。

 壬生寺境内で新選組は兵法や武芸の訓練をおこなったり、時には近所の子供たちと隠れん坊をして遊んだりしました。近藤勇の銅像や、隊士墓所である壬生塚などが残っています。

新選組宿所「八木家」は必見!
新選組宿所「八木家」は必見!

新選組宿所「八木家」は必見!

 壬生寺の北側に「八木家」があります。新選組ゆかりの屋敷で、文久3年(1863)に徳川第14代将軍家茂上洛の警護として集められた浪士たちが、ここ八木家を宿所としました。その後、芹澤鴨、近藤勇、土方歳三、沖田総司、山南敬助、新見錦、原田佐之助、藤堂平助、野口健司、井上源三郎、平山五郎、平間重助、永倉新八が八木家に留まり、文久3年3月16日八木家右門柱に、「松平肥後守御領新選組宿」という表札を掲げます。これが「新選組」の誕生です。

 八木家の祖は但馬国(兵庫県養父郡朝倉の庄)にあり、鎌倉時代初期に起源があります。当地に屋敷を構えたのは室町時代で、江戸時代には地域の長としての役割を担います。そして、幕末期になり新選組とのかかわりが生まれます。

 現在、屋敷の前には御菓子司「京都鶴屋鶴寿庵」なる和菓子店があり、「屯所餅」をはじめ、京の四季をモチーフにした生菓子が作られ、販売されています。また、新選組ゆかりのグッズも数多く販売されていて、お土産にいいですね。

 八木家の見学はこの店舗でおこないます。八木家の奥座敷には、新選組内部抗争の一つである「芹澤鴨暗殺」の部屋があり、刀傷の一部が残されています。新選組ファンならずとも、幕末の歴史を知るうえでも見ておきたい場所です。

 「芹澤鴨暗殺」の詳細については、子母澤寛の「八木為三郎老人壬生ばなし」に書かれています。八木老の語り口調から繰り広げられる事件の顛末は、読んでいて手に汗握る感があり、この読み物が基となって映画やドラマが制作されました。

京都市指定有形文化財・新選組壬生屯所旧跡(八木家)

〒604-8821
京都市中京区壬生梛ノ宮町24
075(841)-0751(京都鶴屋鶴寿庵)
午前9時~午後5時(入所は午後4時30分まで)
大人/中高生1000円(ガイド・抹茶・屯所餅付き)中高生600円(見学のみ)
http://www.mibu-yagike.jp/index.html
西大路通から帰路へ
西大路通から帰路へ

西大路通から帰路へ

 八木家からふたたび綾小路通に戻り、山陰本線の高架下を越えると「西新道錦会商店街」という懐かしい風情漂うアーケードが南に向かって伸びています。狭い通りに多くの店があり、普段は近在の方々が買い物をされていますが、夏祭りなどの行事がおこなわれると大勢に人々が集まり、にぎやかに盛り上がります。最近は、こうした人と人の距離が近い商店街が少なくなっていますので、ぜひ訪ねて“買い食い”でもしたいものですね。

 西高瀬川に架かる「綾小路𣘺」と刻まれた橋を渡ります。西高瀬川は鴨川ではなく、桂川を水源とする河川で、江戸初期、角倉了以によって大堰川(上流は保津川、下流は桂川)が開削され、文久3年に嵯峨と千本三条が完成します。ちょうど新選組が結成された時期ですね。

 そして、道は西大路通へと繋がります。この大通りを南へ歩いていくと、阪急電車「西院駅」があります。

記事を読む
綾小路通柳馬場通両替町通衣棚通
不明門通大黒町通大和大路通冷泉通
御幸通麩屋町通堺町通醒ヶ井通
夷川通智恵光院通⇒上御霊前通大宮通三条通その2
三条通その1哲学の道木屋町通⇒先斗町姉小路通
千本通⇒五辻通浄福寺通曼殊院道鷹峯街道
鞍馬口通丸太町通寺町通
関西城紀行TOPにっぽん城紀行TOP
《 広告に関するお問い合わせはこちら 》
株式会社日豊社
〒530-0044 大阪市北区東天満1丁目12番13号 IAG天満ビル
TEL 06-6357-3355 FAX 06-6357-3406

PAGEトップへ