TOP > 一日散策 関西歴史紀行
新着記事を読む
高辻通間之町通上賀茂の道大徳寺通(紫竹街道)

関西歴史紀行とは

時空を深く掘り下げ、埋もれた歴史と記憶のきらめきに出会う……。

今を生きる私たちは、決して歴史と無縁の存在ではなく、むしろ歴史の時の流れのなかに生きているのではないでしょうか。古寺や古社、いにしえの場や老舗店に出向くと、どこからか、懐かしく香ばしい風が吹いてきます。遥かな時の彼方から呼びかける声に耳を澄ますと、脈々と連なる歴史のが私たちを包み込んでくれる気がします。

「関西歴史紀行」は、21世紀にいながら遠い昔へいざなう旅の扉です。
さあ、扉を開けてみてください。

初めのテーマは京都。千年の都には、多くの豊かな物語が満ち溢れています。平安京から鎌倉、室町、安土桃山、江戸、幕末を経て平成の現代まで、東西南北、碁盤の目状に幾筋もの通りがっています。上ル下ル東入ル西入ルと呼ばれる京の通りをご案内して参ります。あなたのお気に入りの場所を見つけてください。

碁盤の目を歩く

北大路、西大路、東大路、そして九条大路の間を「洛中」と呼び、これが平安京本来のエリア。この四角くて大きな空間が、有名な碁盤の目です。桓武天皇が長岡京から遷都してきた当時のものもあれば、その後、豊臣秀吉が改造して設えた通りもあります。京都を知るには、この「通り」を歩くことが最も近道であり、しかも深い物語を読み解くことができます。

京都の通り

平安京が建都されたその後、豊臣秀吉の京都大改造で、更に整備が進みました。
今なお残り、私たちが歩くことができる「通り」は、東西37本、南北32本、合計69本。

columu 京都の子供たちは「わらべ唄」にして通りの名前を覚えました
「丸竹夷」まる たけ えびす に おし おいけ あね さん ろっかく たこ にしき し あや ぶっ たか まつ まん ごじょう せきだ ちゃらちゃら うおのたな ろくじょう さんてつ とおりすぎ ひっちょうこえれば はっくじょう じゅうじょうとうじで とどめさす
「東西の通り丸太町通から南へ九条通まで」丸=丸太町通、竹=竹屋町通、夷=夷川通、二=二条通、押=押小路通、御池=御池通、姉=姉小路通、三=三条通、六角=六角通、蛸=蛸薬師通、錦=錦小路通、四=四条通、綾=綾小路通、仏=仏光寺通、高=高辻通、松=松原通、万=万寿寺通、五条=五条通、雪駄=現揚梅通、ちゃら=鍵屋町通、ちゃら=銭屋町通、魚の棚・六条=六条魚棚通=現六条通、七条=七条通、八条=八条通、東寺道=東寺道、九条大路=九条通

京都の通り1本を端から端まで 1日で歴史を味わう散策コース

PLAN40 高辻通 Takatsuji

高辻通 Takatsuji
高辻通 Takatsuji

 高辻通(たかつじどおり)は、右京区の梅津街道から、鴨川までの東西を貫く通りで、寺町通から西京極大路付近までの区間が、平安京の頃は「高辻小路」でした。高辻という名前は、醒ヶ井通と高辻通の交差する地点の標高が高いことから名づけられたものです。京都の街は、南が低く、北に向かってゆるやかな勾配になっているイメージがありますが、東西に延びる高辻通は勾配があり、坂道になっています。

 平安時代頃からすでに多くの民家が建ち並んでいたといわれます。室町時代になると鴨川寄りの左京部分には商家が増え、酒屋や小間物屋などが軒を連ねました。しかし、応仁の乱では通りの多くが焼けてしまいます。ようやく明応年間に復興し、天正時代(1590年以降)の豊臣秀吉の京都大改造で整備されました。江戸時代には千本通から寺町通の間には道具や食べ物店が並び、東洞院通から堺町通あたりにかけて竹藪が広がっていたので「藪ノ下通」と呼ばれていたそうです。

 明治から大正、昭和にかけて家具街として栄えましたが、第二次世界大戦がはじまると強制疎開により道幅が広げられ、多くの建物や店舗が撤去されました。

 今回は、通りの西の端である梅津街道をスタート地点にして、鴨川までの約6キロを歩いてみましょう。もっとも、西大路通から西側の高辻通は工場などが多いエリアで、片側二車線のクルマの道ですので、阪急電車の「西院駅」もしくは「四条大宮駅」を起点にして、東に向かって歩いていくコースでもいいと思います。

 南北の傾斜が当たり前の京都の街に、東西の傾斜がある高辻通。途中、天神川や阪急京都線の踏切を越え、通りで最も高所である醒ヶ井通の交差する場所にある住吉神社、商売繁盛を願う人に人気の繁盛神社、真宗佛光寺派の本山である佛光寺を越え、高瀬川から鴨川へ抜けていくコースです。ゆったりと歩きながら寺社仏閣を訪ね、おしゃれな店を覗いてみましょう。

梅津街道から
梅津街道から

梅津街道から

 梅津街道は、正式な名称を京都府道132号太秦上桂線といい、クルマの往来が多い道です。この高辻梅津街道まで来るには、阪急嵐山線の「上桂駅」から歩いてくるか、「桂駅」から70系統のバスに乗ってくる方法があります。健脚の人なら、上桂駅から歩き出し、桂川を眺めながら進んで来るのがいいでしょう。

 高辻梅津街道の交差点から東に向かって舗道を歩き出します。やがて、天神川の流れが見えてきます。上流の北のエリアでは紙屋川と呼ばれている天神川。江戸時代まではすべて紙屋川と呼ばれていました。紙屋川で「鬼平犯科帳」を思い出した人は相当な池波正太郎の熱心な読者でしょう。『鬼平犯科帳第3巻』(文春文庫)に収録されている「艶婦の毒」という物語にこの紙屋川の地名が登場します。父親の墓参りに来た長谷川平蔵のことは、「出水通」篇でご紹介しました。平蔵はお伴に、部下の木村忠吾を連れてきたのですが、この忠吾が京都である女とねんごろになるという展開です。そして、二人の逢瀬の場面を平蔵が目撃します。茶店で名物長五郎餅を食べた二人が、北野天満宮の裏、紙屋川沿いにある料亭に消えていく……というものです。中村吉右衛門版のテレビドラマでは、木村忠吾を尾美としのりが、艶婦のお豊を山口果林が演じています。再放送があればぜひ視聴したいものですね。

 天神川とは、北野天満宮の西を流れていることから名づけられたものですが、平安京の時代には西横河とも呼ばれた古い川です。

 しばらく歩くと、道幅が狭くなりクルマの通行も少なくなります。阪急京都線が走っているためで、人と自転車くらいしか渡れない踏切があります。阪急京都線は、ここから地下隧道に入るので、その出入口が線路の向こう側に見えています。この地下線は、昭和2年(1927)に浅草―上野間で開業した現東京メトロ銀座線に次いで古い地下線で、昭和6年(1931)に関西初の地下線として開通したものです。鉄道ファンならご存知でしょうが、この路線は京阪電鉄の子会社であった「新京阪」が建設した路線で、隧道の口に「天人併其功」(てんじんそのこうをあわす)というプレートと鳥の像が掲げられています。この「天人併其功」は当時の京阪電鉄の社長であった太田光凞(みつひろ)の筆で、「天の力と人の力が合わせられて成し遂げた」という意味です。それほどの難工事であったことを物語っています。

 現在、この隧道は土木遺産に指定されています。京阪電鉄としては、淀川の両岸に鉄路を敷設して大阪と京都を結ぶ計画でしたが、戦争の時代に阪急と京阪が国策で合併され、戦後になって阪急が引き継いだという経緯があり、京阪ファンにとっては心痛い出来事として今も語り継がれています。

狭くて風情のある高辻通をゆく
狭くて風情のある高辻通をゆく

狭くて風情のある高辻通をゆく

 東に向かってずんずん歩いていくと、高辻通はさらに狭くなっていきます。個性的なレストランやスーパーなどが並び、住宅街が広がっています。「綾小路通」篇でご案内した西新道錦会商店街の南端が、高辻の通りに面しています。明治時代から大正にかけてこの地域は街区が整備され、友禅などを製造する小さな工場が並び、それに伴い商店街が造られます。

 庶民的で、風通しの良い商店街には、昔ながらの店が並んでいて、風情があります。散歩の途中、ちょっと寄り道して何か買い食いしてもいいかもしれませんね。また、壬生寺も近いので、回り道をしてみるのも一興です。

 大宮通の角に「五條院奮跡」という文字がかなり摩耗した石碑が建っています。五條内裏とも呼ばれ、院政期の五条東洞院内裏と、鎌倉時代の五条大宮内裏でした。この五條院は、吉田兼好の『徒然草』の230段に登場します。「五條内裏には、妖物ありけり」という書き出しで、怪奇な出来事が起こる場所と記しています。

狭くて風情のある高辻通をゆく
狭くて風情のある高辻通をゆく

 大宮通、堀川通を越えると、醒ヶ井通との交差点南東側に「住吉神社」が鎮座されています。「醒ヶ井通」篇でご案内した、小さいけれど魅力ある神社です。西の松尾大社、北にある上賀茂神社から真っすぐの線を引いて交錯するところに、この住吉神社が建っています。こうした地勢的な符号の一致は、科学が発達していない古い時代、どのようにして計測したのだろうと、昔の人々の不思議な感覚に驚かされます。

 今回、ふと立ち寄ったところ、偶然にも鬼丸隆博宮司とお会いすることができました。5月12日に神幸祭が、18日の宵宮にはお神輿が繰り出し、子供たちがだるまさんに目玉を入れるお楽しみ会が開かれ、19日の還御祭がおこなわれます。近隣の人たちが集まるにぎやかなお祭り、一度出かけてみたいですね。宮司さんが可愛い干支土鈴を見せてくれました。

住吉神社

京都市下京区 高辻下る住吉町481 5月 第3日曜 神幸祭 第4日曜 還御祭 (年により変更あり)
075-351-9280

 高辻通西洞院西入に「道元禅師示寂の地」という石碑が建っています。道元といえば曹洞宗の開祖で、福井の永平寺を創建した人物です。正治2年(1200)に京都で生まれた道元は、宋に留学して禅を学び、帰国して禅宗を広げます。比叡山から圧力をかけられながらも布教活動を続け、54歳で生涯を閉じました。その場所がこの地です。

 道元といえば、井上ひさしの戯曲『道元の冒険』を思い出す人もいらっしゃるでしょう。道元をめぐる評伝ですが、荒唐無稽でありながらも実に面白い舞台劇でした。今も文庫本が書店に並んでいるので、道元さんを知るには恰好の一冊です。

繁昌神社といういい名の神社
繁昌神社といういい名の神社

繁昌神社といういい名の神社

 このあたりには、風情のある辻子(ずし/路地)があちこちに延びています。

 歩いていると、小さくてきれいな鳥居が通りに沿って建っているのに出会います。「繁昌神社」です。古くは班女(はんにょ)神社と呼ばれていて、「はんにょ」が転訛して「はんじょう」となったようです。全国で唯一の商売繁昌の神社と名乗っているので、多くの商売人の方々がお参りに来られます。

 起源は、清和天皇の代(858~876)、藤原繁成の屋敷の功徳池という池があり、安芸国宮島から市杵嶋姫命、田心姫命、湍津姫命の宗像三女神をこの池に浮かぶ島に勧請されたのが始まりだといわれています。この社にも怪綺談があり、『宇治拾遺物語』の巻35に記述があります。また、豊臣秀吉が神社を移動させようとしたところ、祟りが合って元の場所に戻されたという記録が『雍州府志』にあります。元治元年(1864)の蛤御門の変(禁門の変)から発生したどんどん焼け(元治の大火)で社殿が焼け落ちましたが、すぐに復興しています。それだけ多くの人々から大切にされていたのでしょう。江戸時代になると、真言宗の管理下になりますが、神仏分離令によって現在の姿になりました。

 境内には、「商売繁昌」と「良縁祈願」のろうそく(1本100円)があり、ぜひとも火を灯したいものですね。

繁昌神社

〒600-8433
京都市下京区高辻通室町西入ル繁昌町308
075-371-4615
例祭 5月20日
繁昌神社といういい名の神社

 佛光寺の大きな建物の屋根が見えて来たら、高辻通も終点間近。広い境内では、日陰で休憩する人などがいて、穏やかな情景が広がっています。

 時の権力によって越後に流された親鸞聖人は、建暦2年(1212)に京都に戻り、山科の地に草庵を結びます。ここが佛光寺の草創の地と伝えられています。寺が現在の地に落ち着いたのは秀吉の時代、天正14年(1586)のことで、以来ずっとこの五条坊門の地で法灯を守り続けています。

真宗佛光寺派本山・佛光寺

〒600-8084
京都市下京区新開町397
075-341-3321

 高瀬川に架かる高辻橋を渡ると、木屋町通の石畳が出迎えてくれます。そこから鴨川まではすぐです。四条大橋の下流に架かる団栗橋が目の前に見えます。河原町や祇園までは歩いてもすぐですから、料理店を覗いたり、土産物屋で買い物をしたりできます。

 平安京の中心部を通る高辻通は、南北ではなく、東西の通りなのにかすかな勾配がある、ちょっと不思議で面白い通りだといえます。どうぞ、のんびりと歩いてみてください。



(写真・文/上野卓彦 寺社、城、街道、石碑、昔の暮らしなど歴史をめぐる文章を雑誌等に執筆。京都の路地や辻子、図子にあるお地蔵様や大日如来様、仁丹琺瑯看板などを探して歩いているライター)

記事を読む
高辻町通間之町通出水通上賀茂の道
大徳寺通(紫竹街道)上立売通西洞院通河原町通
馬代通河原町通その1四条通その2四条通その1
蛸薬師通綾小路通柳馬場通両替町通
衣棚通不明門通大黒町通大和大路通
冷泉通御幸通麩屋町通堺町通
醒ヶ井通智恵光院通⇒上御霊前通大宮通三条通その2
夷川通三条通その1哲学の道木屋町通⇒先斗町
姉小路通千本通⇒五辻通浄福寺通曼殊院道
鷹峯街道鞍馬口通丸太町通寺町通
関西城紀行TOPにっぽん城紀行TOP
《 広告に関するお問い合わせはこちら 》
株式会社日豊社
〒530-0044 大阪市北区東天満1丁目12番13号 IAG天満ビル
TEL 06-6357-3355 FAX 06-6357-3406

PAGEトップへ