TOP > 一日散策 関西歴史紀行
寺町通丸太町通

関西歴史紀行とは

時空を深く掘り下げ、埋もれた歴史と記憶のきらめきに出会う……。

今を生きる私たちは、決して歴史と無縁の存在ではなく、むしろ歴史の時の流れのなかに生きているのではないでしょうか。古寺や古社、いにしえの場や老舗店に出向くと、どこからか、懐かしく香ばしい風が吹いてきます。遥かな時の彼方から呼びかける声に耳を澄ますと、脈々と連なる歴史のが私たちを包み込んでくれる気がします。

「関西歴史紀行」は、21世紀にいながら遠い昔へいざなう旅の扉です。
さあ、扉を開けてみてください。

初めのテーマは京都。千年の都には、多くの豊かな物語が満ち溢れています。平安京から鎌倉、室町、安土桃山、江戸、幕末を経て平成の現代まで、東西南北、碁盤の目状に幾筋もの通りがっています。上ル下ル東入ル西入ルと呼ばれる京の通りをご案内して参ります。あなたのお気に入りの場所を見つけてください。

碁盤の目を歩く

北大路、西大路、東大路、そして九条大路の間を「洛中」と呼び、これが平安京本来のエリア。この四角くて大きな空間が、有名な碁盤の目です。桓武天皇が長岡京から遷都してきた当時のものもあれば、その後、豊臣秀吉が改造して設えた通りもあります。京都を知るには、この「通り」を歩くことが最も近道であり、しかも深い物語を読み解くことができます。

京都の通り

平安京が建都されたその後、豊臣秀吉の京都大改造で、更に整備が進みました。
今なお残り、私たちが歩くことができる「通り」は、東西37本、南北32本、合計69本。

columu 京都の子供たちは「わらべ唄」にして通りの名前を覚えました
「丸竹夷」まる たけ えびす に おし おいけ あね さん ろっかく たこ にしき し あや ぶっ たか まつ まん ごじょう せきだ ちゃらちゃら うおのたな ろくじょう さんてつ とおりすぎ ひっちょうこえれば はっくじょう じゅうじょうとうじで とどめさす
「東西の通り丸太町通から南へ九条通まで」丸=丸太町通、竹=竹屋町通、夷=夷川通、二=二条通、押=押小路通、御池=御池通、姉=姉小路通、三=三条通、六角=六角通、蛸=蛸薬師通、錦=錦小路通、四=四条通、綾=綾小路通、仏=仏光寺通、高=高辻通、松=松原通、万=万寿寺通、五条=五条通、雪駄=現揚梅通、ちゃら=鍵屋町通、ちゃら=銭屋町通、魚の棚・六条=六条魚棚通=現六条通、七条=七条通、八条=八条通、東寺道=東寺道、九条大路=九条通

京都の通り1本を端から端まで 1日で歴史を味わう散策コース

PLAN02 丸太町通 Marutamachi

丸太町通 Marutamachi
丸太町通 Marutamachi
丸太町通 Marutamachi
丸太町通 Marutamachi丸太町通 Marutamachi

丸太町通……東は比叡山系の麓の鹿ヶ谷(ししがたに)通から、西は嵯峨野嵐山の右京区嵯峨釈迦堂大門町まで延びている長い通りで、平安京の時代の「春日小路(かすがこうじ)」にあたる古くからある通り。西へ進むと、京都御所のすぐ南側を通ります。昔、この通りに沿って材木を扱う家が多かったことから「丸太町」の名が付きました。かつては、伐り出してきた北山杉などが並び、かぐわしい木の香りが漂っていたのでしょうね。丸太町通を東に進むと京都大学のキャンパスが広がる一角で、今も学生街としてにぎわっています。かつては古書店が軒を連ねていましたが、時代の趨勢とともに、今はその面影がありません。今回は、京阪電鉄「神宮丸太町(じんぐうまるたまち)駅」を起点にして、丸太町通を西に進んでいくコースです。駅のすぐ横には鴨川が流れています。歴史を紐解けば、古代は賀茂氏の所在地で、上賀茂神社、下鴨神社は氏神様が祀られています。鴨川は、京都市北区雲ケ畑(くもがはた)付近を源として、上賀茂神社、下鴨神社の脇を流れ、やがて高野川と出町柳(でまちやなぎ)で合流して、この丸太町通の下流れています。橋の上からは、上流の景色が美しく、河川敷は整備されていて、ジョギングや散歩をする人、歌や楽器、ヨガや太極拳の練習をする人など市民の憩いの場となっています。丸太町大橋を渡って、京都御苑の方向へゆっくり歩きだします。前回の寺町通が南北に延びる通りであったのに対し、丸太町通は東西に延びています。交通量も多い幹線道路なので、京都御苑が見えてきたら、御苑の内側を歩くのがおすすめです。そして御苑内の閑院宮(かんいんのみや)邸跡を経て、蛤御門(はまぐりごもん)、一条通から堀川通、上にあがって今出川通へと抜けていくのが今回のコースです。丸太町、烏丸、一条、堀川、今出川と5本の通りを横断するように歩きます。その沿道には、多くの寺社仏閣があり、老舗の和菓子屋の菓寮などもあります。途中、ゆっくりと休憩しながら、秋の日の一日、平安京を散策してみたいものですね。

京都御所の小径を通って……

京都御苑の小径を通って……

丸太町通を西に進み、河原町通、寺町通を越えると京都御苑があります。御苑内に入って、豊かな自然が広がる小径を歩いてみましょう。

閑院宮(かんいんのみや)邸跡
閑院宮(かんいんのみや)邸跡閑院宮(かんいんのみや)邸跡

閑院宮(かんいんのみや)邸跡

京都御苑内に、「閑院宮邸跡」があります。閑院宮家とは、伏見宮家、桂宮家、有栖川宮家と並ぶ四親王家の一つ。宝永7年(1710)、東山天皇の皇子直仁親王を始祖として創立され、公家町南西部のこの場所に屋敷を構えました。創建当初の建物は天明の大火(1788)で焼失し、その後再建されていますが、現在の建物との関係など詳しいことはわかっていないそうです。明治2年の東京遷都に伴い、閑院宮が東京に移られてからは、華族会館や裁判所として一時使用され、御苑の整備が一段落した明治16年、宮内省京都支庁が設置されています。第2次世界大戦後の昭和24年、京都御苑が国民公園となってからは、厚生省、のちに環境庁の京都御苑管理事務所などに使用されていました。平成18年3月に改修工事を終え、京都御苑の自然と歴史についての写真・絵図・展示品・解説を備えた収納展示室と庭園などを開放しています。庭園から建物を眺めた風景は実に美しく優雅で、宮家の暮らしぶりをうかがい知ることができます。建物の周囲を散策すると、かつての邸宅址に部屋の間取りが示されています。京都に都が置かれていた時代の雰囲気を追体験できます。

閑院宮邸跡

〒602-0881
京都市上京区京都御苑3
環境省京都御苑管理事務所
075-211-6348
午前9時〜午後4時30分 ※受付は午後4時まで
管理事務所:土曜・日曜・祝日
閑院宮邸跡:月曜日・年末年始(12月29日~1月3日)
入場無料(ご予約の必要はありません)
https://www.env.go.jp/garden/kyotogyoen/2_guide/map2_kaningu.html
蛤御門(はまぐりごもん)

蛤御門(はまぐりごもん)

京都御苑の外郭9門の一つで、正式名は新在家御門(しんざいけごもん)といいます。高麗門(こうらいもん)形式の筋鉄門(すじがねもん)で、蛤御門の由来は、御所が火災となった際、これまで開くことがなかったこの門が開けられたことから、火にあぶられて口を開いたハマグリにたとえられたからだそうです。幕末、長州藩が御所を守る会津藩を攻撃した「禁門の変」の現場でもあり、門柱には弾傷らしき痕が残っているとか。探してみるのも一興ですね。

一条通を西へ……

一条通を西へ……

御所の西、烏丸通と一条通の角に、室町時代創業の老舗和菓子店「とらや」があります。羊羹で有名なお店ですね。ここから一条通を西へ進みましょう。

京虎屋菓寮京都一条店

京虎屋菓寮京都一条店

一条通を少し進むと、「虎屋菓寮京都一条店」という優雅なお店があります。 季節の移ろいとともにその風情を変える庭や江戸時代建築の蔵などを眺めながら、「とらや」の甘味が楽しめます。店内には、日本の歴史文化に関する書籍が約600冊あり、自由に手に取ることができます。散歩の途中、お茶と和菓子を頂き、ゆったりとした店で休憩するには最高のロケーションです。

京都市歴史資料館

虎屋菓寮

〒602-0911
京都市上京区一条通烏丸西入広橋殿町400
075-441-3113
午前10時〜午後6時 ※ラストオーダーは午後5時30分
1~11月の最終月曜日/元日
※諸般の事情により休業日を変更する場合もございますので予めご了承ください。
https://www.toraya-group.co.jp/toraya/shops/detail/?id=55
一条戻橋(いちじょうもどりばし)
一条戻橋(いちじょうもどりばし)一条戻橋(いちじょうもどりばし)

一条戻橋(いちじょうもどりばし)

一条通をさらに西に進むと、堀川通に行き当たります。この交わるところに架かる橋が「一条戻橋」です。平安京が造られた794年、都の北の一条大路に架けられたもので、橋自体は何度も架け替えられていますが、造営当時から同じ位置にある古い橋です。戻橋という名の由来は、延喜18年(918)漢学者の三好清行(みよしのきよゆき)が亡くなり、その葬列がこの橋を通過しようとした折、熊野で修業中の息子・浄蔵(じょうぞう)が舞い戻って来て棺に取りすがったところ、雷鳴とともに父・清行が蘇り、抱き合って今生の別れを惜しんだという伝説から命名されました。以降、様々な伝説が残る橋であり、とりわけ嫁入り前の女性は、出戻ってはいけないということから、この橋に近づかないようにするという慣習や、第二次大戦の際には、出兵する兵士が無事に復員するようこの橋を渡ったといわれています。

一条戻橋

〒602-8232
京都市上京区堀川下之町
晴明神社(せいめいじんじゃ)

晴明神社(せいめいじんじゃ)

陰陽師(おんみょうじ)として人気の高い、平安中期の天文学者・安倍晴明(あべのせいめい)公をお祀りする神社で、寛弘(かんこう)4年(1007)、一条天皇の命により創建されて以来、この地に鎮座まします古社です。平安時代に最先端学問を会得していた安倍晴明は、朝廷や貴族の信が厚く、陰陽師として卓越した知力を備えていました。現在も、文芸や映画などにより、熱烈な信奉者が多く、日本のみならず海外からの参拝者も数多く訪れています。散策の途中にぜひ立ち寄りたい神社です。

晴明神社

〒602-8222
京都市上京区晴明町806(堀川通一条上ル)
075-441-6460(社務所)
午前9時~午後6時(無休)
参拝料なし(お守り・お札の授与所は境内にあり/ご祈祷は別途)
http://www.seimeijinja.jp/
京都市考古資料館
京都市考古資料館京都市考古資料館

京都市考古資料館

晴明神社から少し北へ行くと今出川通が東西に延びています。堀川今出川の交差点を少し西へ進むと、京都市考古資料館があります。財団法人京都市埋蔵文化財研究所が設立され、発掘・調査・研究に多くの業績を積み重ね、その成果に基づいて展示公開し、普及啓発をはかるため、昭和54年に開設された資料館です。館内では数多くの展示品を通して、過去のくらしや文化にふれ、埋もれた文化遺産を未来へうけつぐという、大切な任務を考える場となっています。また、この建物はかつてこの地域で盛んだった西陣織物館が建てられていて、今も玄関横には「西陣」の石碑が建っています。この西陣とは、応仁の乱(1467~77)の際、西軍の総大将・山名宗全(やまなそうぜん)らが陣を構えたことに由来します。周辺を散策すると、西陣織の機織りの音が聴こえるかもしれませんね。

京都市考古資料館

〒602-8435
京都市上京区今出川通大宮東入ル元伊佐町265番地の1
075-432-3245(代)(FAX 075-431-3307)
午前9時~午後5時(※入館は午後4時30分まで)
月曜(※月曜が祝日または振替休日の場合は翌日)、年末年始12月28日~1月3日
入館無料
http://www.kyoto-arc.or.jp/museum/
交通案内
JR京都駅へは、「堀川今出川」から、市バス9号系統に乗車
地下鉄今出川駅へは、「今出川大宮」から、市バス51、59、201、203系統に乗車
京阪出町柳駅へは、「今出川大宮」から、市バス201、203系統に乗車
寺町通丸太町通
関西城紀行TOPにっぽん城紀行TOP
《 広告に関するお問い合わせはこちら 》
株式会社日豊社
〒530-0044 大阪市北区東天満1丁目12番13号 IAG天満ビル
TEL 06-6357-3355 FAX 06-6357-3406

PAGEトップへ