TOP > 一日散策 関西歴史紀行
新着記事を読む
衣棚通不明門通大黒町通大和大路通

関西歴史紀行とは

時空を深く掘り下げ、埋もれた歴史と記憶のきらめきに出会う……。

今を生きる私たちは、決して歴史と無縁の存在ではなく、むしろ歴史の時の流れのなかに生きているのではないでしょうか。古寺や古社、いにしえの場や老舗店に出向くと、どこからか、懐かしく香ばしい風が吹いてきます。遥かな時の彼方から呼びかける声に耳を澄ますと、脈々と連なる歴史のが私たちを包み込んでくれる気がします。

「関西歴史紀行」は、21世紀にいながら遠い昔へいざなう旅の扉です。
さあ、扉を開けてみてください。

初めのテーマは京都。千年の都には、多くの豊かな物語が満ち溢れています。平安京から鎌倉、室町、安土桃山、江戸、幕末を経て平成の現代まで、東西南北、碁盤の目状に幾筋もの通りがっています。上ル下ル東入ル西入ルと呼ばれる京の通りをご案内して参ります。あなたのお気に入りの場所を見つけてください。

碁盤の目を歩く

北大路、西大路、東大路、そして九条大路の間を「洛中」と呼び、これが平安京本来のエリア。この四角くて大きな空間が、有名な碁盤の目です。桓武天皇が長岡京から遷都してきた当時のものもあれば、その後、豊臣秀吉が改造して設えた通りもあります。京都を知るには、この「通り」を歩くことが最も近道であり、しかも深い物語を読み解くことができます。

京都の通り

平安京が建都されたその後、豊臣秀吉の京都大改造で、更に整備が進みました。
今なお残り、私たちが歩くことができる「通り」は、東西37本、南北32本、合計69本。

columu 京都の子供たちは「わらべ唄」にして通りの名前を覚えました
「丸竹夷」まる たけ えびす に おし おいけ あね さん ろっかく たこ にしき し あや ぶっ たか まつ まん ごじょう せきだ ちゃらちゃら うおのたな ろくじょう さんてつ とおりすぎ ひっちょうこえれば はっくじょう じゅうじょうとうじで とどめさす
「東西の通り丸太町通から南へ九条通まで」丸=丸太町通、竹=竹屋町通、夷=夷川通、二=二条通、押=押小路通、御池=御池通、姉=姉小路通、三=三条通、六角=六角通、蛸=蛸薬師通、錦=錦小路通、四=四条通、綾=綾小路通、仏=仏光寺通、高=高辻通、松=松原通、万=万寿寺通、五条=五条通、雪駄=現揚梅通、ちゃら=鍵屋町通、ちゃら=銭屋町通、魚の棚・六条=六条魚棚通=現六条通、七条=七条通、八条=八条通、東寺道=東寺道、九条大路=九条通

京都の通り1本を端から端まで 1日で歴史を味わう散策コース

PLAN24 衣棚通 Koromonotana

衣棚通 Koromonotana
衣棚通 Koromonotana
衣棚通 Koromonotana
衣棚通 Koromonotana衣棚通 Koromonotana

 衣棚通は、市内を南北に貫く通りで、六角通から北大路、北山通を越えて、賀茂川右岸の上賀茂橋近くまでの長い距離を結んでいる通りですが、途中、下長者町通と一条通の間、鞍馬口通と紫明通の間が寸断されています。平安京建都の時代には存在せず、豊臣秀吉の「天正の地割」で作られた通りです。

 衣棚通と書いて「ころものたなどおり」「ころもたなどおり」と読み、江戸時代には、この通りの一本東に延びる室町通と同じく、呉服を扱う店が軒を連ねていたことから、通り名がつけられたといわれています。

 三条通と衣棚通が交錯する点に銘板があり、「室町時代以降、此地に法衣業者が集って棚賣を始めやがて町名となって現在に及んだ。」と書かれています。続けて、「殊に弘治年間千切屋の祖が此所に店舗を開きしより其の分家別家一門次第に繁栄し此町を中心として近辺に同業を営んだ者百余軒の多きに上ったといふ。」(いずれも原文ママ)。

 この通りで「はてなの茶碗」なる話を思い出す方がおられれば、かなりの落語通でしょう。茶道具屋の金兵衛こと茶金さんと油屋が引き起こす顛末で、呆れた結末ながらも心明るくなる物語です。この茶金さんが衣棚通に店を構えているという設定です。古くからあった噺だそうですが、創作部分も加えて形を整えたのが、三代目桂米朝(1925~2015)さんです。『米朝落語全集』でぜひお聴きください。

 現在は、茶道具店も法衣店も姿を消した衣棚通ですが、かつては千切屋という、近江の郷から上洛した千切屋三右衛門という人物が、高僧が纏う法衣や友禅染などを棚売りしていました。応仁の乱の後から出店していたというから、その古さがしのばれます。

  現在、通りには衣裳類に関する店は少なくなっていますが、たくさんのお地蔵さんや、先人屋敷跡などの石碑が建っています。それらを一つずつ眺めながら、長い衣棚通を歩いていきましょう。ひたすら歩く……といった感があります。肩の力を抜いて、のんびり散策してみたい通りです。

烏丸通に擦り寄られた衣棚通

六角通と衣棚通の交差点

 六角堂から西へ進むと、広い烏丸通が横切っています。京都の南北を結ぶ幹線通りです。烏丸通を越えて、二筋。衣棚通の起点があります。途中、路地の奥まったところに鳥居を置いた社が見えます。その前を進みます。通りの入り口はなかなか見つけづらいのですが、写真にあるこのグレーの小さなビルを目印にしてください。少し西側に、すてきな暖簾を垂らしているコーヒー店があります。この角を曲がって、北に向かって歩き始めます。

烏丸通に擦り寄られた衣棚通
松原通へ(愛宕念仏寺の石碑)

茶人廣野了頓(ひろの りょうとん)邸跡

 通りを上ルとすぐに、「この附近 茶人廣野了頓邸跡」という石碑に出会います。案内板によると、足利家に代々仕えた廣野家がこの付近の領地を得、安土桃山時代になると茶亭を構えます。その時の主が廣野了頓で、豊臣秀吉に茶を点じ、まだ江戸幕府を開く前の文禄3年(1594)に徳川家康も訪ねてきたと、山科言経(やましな ときつね)の『言経卿記』に記されています。
 『言経卿記』は、天正4年(1576)から慶長8年(1608)の間に渡って書き綴られた山科言経の日記で、4年程度が欠落していますが、当時の町人文化から風俗、行事などを描写しています。今でいうブログのようなもので、山科言経は公卿であるにもかかわらず、市井の民のなかで医者として過ごしました。
 貴族や武将の記録は残っているものの、町人社会の模様を素描した記録は少なく、実に価値のある古文書であるといえます。

 廣野家は江戸時代においても知行400石を受け、明治の代まで家系が続きます。了頓は地域の住民に表門から裏門までの通行を許し、井戸も多く掘られて「了頓井」という井戸も存在したそうです。現在も、地名として了頓図子(りょうとんづし)町の表記が残っていて、図子とは辻子とも書き、小路、路地の意味です。

 お茶をたしなむ方なら、足を運んでおきたい場所ですね。

茶人廣野了頓邸跡の石碑

〒604-8204
京都市中京区了頓図子町475−13
因幡薬師堂へ続く通り
因幡薬師堂へ続く通り

三条通を越えて……

 衣棚通三条に「三條衣棚」地名由来の案内板が建っています。かつての衣棚通の賑わいを説明する一文です。ここから上ルと、老舗の酒屋が風雅な暖簾を垂らしているのが見え、さらに進んで御池通下ルに、レトロモダンな建物のホテルが見えてきます。

目疾地蔵の仲源寺さん
目疾地蔵の仲源寺さん

お地蔵さまが並ぶ衣棚通

 衣棚通を歩いていて驚くのは、町の辻々に鎮座ましますお地蔵さまがとても多いことです。お地蔵さまは、地蔵菩薩を信仰するもので、平安時代の貴族たちが広め、鎌倉時代には道祖神など民間信仰と結びついて、子供たちを見守る守護尊となります。

 京都市内には、約5000以上のお地蔵さまがあるといわれ、それぞれの地域の子供たちの安全と健康を守っています。

 通りを歩いていて、子供たちがお地蔵さまの前を通り抜けるとき、立ち止まって手を合わしたり、頭を下げたりしている姿を見かけることがあります。子供たちは幼い頃から、そうしたことを親や祖父母、あるいは近所の人たちから教えられていて、自然に振る舞ってしまいます。信仰心というよりも、しきたり、躾といってもいいもので、お地蔵さまの前を何もせずに通り過ぎることがよくないこと、という思いがあるようです。大人ふうにいうなら「冥利が悪い」といった感覚でしょうか。

 京都では、毎年8月中旬から下旬にかけて「地蔵盆」が各辻々で開かれます。夏休み最後を飾るお祭りで、大人たちにとっても地域の共同体をしっかりと根付かせる意味で、とても有効な祭事です。そうしたことから、京都市では「地蔵盆」を「京都をつなぐ無形文化遺産」に選定しています。伝統が愉しみと有益さが握手した形で未来へと伝えられていくのはすばらしいことですね。

菊姫稲荷大神

富田鉄斎邸跡

 中京区から上京区に入ります。衣棚通りから京都御苑の方向を見ると、中立売門が遠くに見えます。そこから少し上ルと「富岡鉄斎邸跡」の石碑が、お地蔵さまと並んで建っています。

 富岡鉄斎(1837~1924)は京都生まれの南画家で、幕末には勤王志士との交流、明治維新後は神社の宮司となりますが、やがて文人画家として活躍した人物です。

中国や日本の故事を原点とした人物画、神仙画、風俗画、鳥獣画など、自由な発想と筆づかい、色使いで描かれた作品は、後世の画家たちに多大な影響を与え、現在も各地の美術館で展覧会が開かれています。

 日本各地を旅して、その土地の風土に触れては画業に反映させる鉄斎。大正13年(1924)、89歳で亡くなるまで精力的に活動した鉄斎が暮らした邸宅跡がここでした。

富岡鉄斎邸宅石碑

〒602-0918
京都市上京区薬屋町
 
烏丸通に擦り寄られた衣棚通

また、この界隈は戦災に遭わなかったことから、「上京區武者小路通衣棚西入武者小路町」「上京區衣棚通上立賣上ル裏風呂町」など、仁丹の琺瑯看板があちこちに残っています。明治大正昭和の風情が今も漂う地域です。

烏丸通に擦り寄られた衣棚通
因幡薬師堂へ続く通り

紫明通へ

 衣棚通は、鞍馬口通から紫明通の間は分断されていて、通りそのものが存在していません。一本東の「室町通」を経由して、北大路通方面へ向かいましょう。

 紫明通は、多くの樹木が植えられた大きな通りで、通りの中央の公園で休憩してもいいですね。

お土産は「蕪村菴」のおかき
お土産は「蕪村菴」のおかき

「けやきCafé」でひと休み

 北大路通まで来たら、賀茂川方向へ少し寄り道をしましょう。

北大路烏丸の交差点のすぐ近く、店の前に緑がいっぱい並んだカフェがあります。「アトリエ欅舎&けやきCafé」という素敵なお店です。

 約80年余りこの地でクリーニング店を営んでこられたご夫婦。その娘さんのお婿さんが同じ場所でガーデニング店を併設。やがて時を経てクリーニング店を閉め、2018年3月からおしゃれなカフェをオープンしました。カフェは娘さん=奥さんの長年の夢だったとか。

 店内は、ガーデニング雑貨や植物が並び、白い壁に映えています。そして、手作りのカウンター席があって、自慢のお料理を楽しむことができます。
 いちばん人気の「牛ホホ肉入りカレー」のセットを注文しました。じっくりと煮込んだお肉はとろけるようです。

 店では月に一回程度、夜にディナー付きライブが開催されていて、限定12名のちょっと贅沢なライブが楽しめます。

 そして、「けやきCafé」 の看板犬のRio(リオ)ちゃんがお出迎えしてくれます。抱っこされることが大好きで、すぐに膝の上に乗ってきて和むそうです。ワンちゃん好きにはたまりません。散策の途中、ぜひとも立ち寄りたいお店ですね。

アトリエ欅舎&けやきCafé

〒603-8143
京都市北区小山上総町17
075-451-1178
アトリエ欅舎 10:00~19:00
けやきCafé 11:00~18:00(ご都合にある程度合わせます)
月曜日
菓匠かま八老舗
菓匠かま八老舗菓匠かま八老舗

賀茂川が終点

 北大路通を越え、北山通へと衣棚通は続いています。途中、「石井神社」というこぢんまりとした社があります。大正時代、伏見稲荷一の峰に石井稲荷大神の塚が創建され、昭和初期にこの地へ遷座されてきたものです。地域を護り、地域の人たちから大切にされていることが、境内の清浄さからうかがい知ることができます。

 そして、六角通から途切れながらも続いてきた衣棚通は、賀茂川の土手道で終点となります。土手の上は加茂街道が走っていて、そこを越えると賀茂の流れが目に飛び込んできます。

石井神社

〒603-8112
京都市北区小山元町
 
記事を読む
衣棚通不明門通大黒町通大和大路通
冷泉通御幸通麩屋町通堺町通
醒ヶ井通夷川通智恵光院通⇒上御霊前通大宮通
三条通その2三条通その1哲学の道木屋町通⇒先斗町
姉小路通千本通⇒五辻通浄福寺通曼殊院道
鷹峯街道鞍馬口通丸太町通寺町通
関西城紀行TOPにっぽん城紀行TOP
《 広告に関するお問い合わせはこちら 》
株式会社日豊社
〒530-0044 大阪市北区東天満1丁目12番13号 IAG天満ビル
TEL 06-6357-3355 FAX 06-6357-3406

PAGEトップへ