TOP > 一日散策 関西歴史紀行
新着記事を読む
上賀茂の道大徳寺通(紫竹街道)西洞院通西洞院通

関西歴史紀行とは

時空を深く掘り下げ、埋もれた歴史と記憶のきらめきに出会う……。

今を生きる私たちは、決して歴史と無縁の存在ではなく、むしろ歴史の時の流れのなかに生きているのではないでしょうか。古寺や古社、いにしえの場や老舗店に出向くと、どこからか、懐かしく香ばしい風が吹いてきます。遥かな時の彼方から呼びかける声に耳を澄ますと、脈々と連なる歴史のが私たちを包み込んでくれる気がします。

「関西歴史紀行」は、21世紀にいながら遠い昔へいざなう旅の扉です。
さあ、扉を開けてみてください。

初めのテーマは京都。千年の都には、多くの豊かな物語が満ち溢れています。平安京から鎌倉、室町、安土桃山、江戸、幕末を経て平成の現代まで、東西南北、碁盤の目状に幾筋もの通りがっています。上ル下ル東入ル西入ルと呼ばれる京の通りをご案内して参ります。あなたのお気に入りの場所を見つけてください。

碁盤の目を歩く

北大路、西大路、東大路、そして九条大路の間を「洛中」と呼び、これが平安京本来のエリア。この四角くて大きな空間が、有名な碁盤の目です。桓武天皇が長岡京から遷都してきた当時のものもあれば、その後、豊臣秀吉が改造して設えた通りもあります。京都を知るには、この「通り」を歩くことが最も近道であり、しかも深い物語を読み解くことができます。

京都の通り

平安京が建都されたその後、豊臣秀吉の京都大改造で、更に整備が進みました。
今なお残り、私たちが歩くことができる「通り」は、東西37本、南北32本、合計69本。

columu 京都の子供たちは「わらべ唄」にして通りの名前を覚えました
「丸竹夷」まる たけ えびす に おし おいけ あね さん ろっかく たこ にしき し あや ぶっ たか まつ まん ごじょう せきだ ちゃらちゃら うおのたな ろくじょう さんてつ とおりすぎ ひっちょうこえれば はっくじょう じゅうじょうとうじで とどめさす
「東西の通り丸太町通から南へ九条通まで」丸=丸太町通、竹=竹屋町通、夷=夷川通、二=二条通、押=押小路通、御池=御池通、姉=姉小路通、三=三条通、六角=六角通、蛸=蛸薬師通、錦=錦小路通、四=四条通、綾=綾小路通、仏=仏光寺通、高=高辻通、松=松原通、万=万寿寺通、五条=五条通、雪駄=現揚梅通、ちゃら=鍵屋町通、ちゃら=銭屋町通、魚の棚・六条=六条魚棚通=現六条通、七条=七条通、八条=八条通、東寺道=東寺道、九条大路=九条通

京都の通り1本を端から端まで 1日で歴史を味わう散策コース

PLAN37 出水通 Demizu

出水通 Demizu

 出水通は、京都御苑の西を通る烏丸通から千本通の1本西の七本松通の東西を結ぶ1,6キロの短い通りで、平安京が造営された当時は「近衛大路」の名の通りでした。また、平安京大内裏の外郭12ある門の1つである「陽明門」が造られていたので「陽明門通」とも呼ばれていました。現在も「近衛通」が鴨川の東にありますが、本来、出水通と近衛通はつながっていました。しかし足利義満によって南北朝が合一された明徳3年(1392)に京都御所が造られると、通りは分断されてしまいました。さらに、幕末期に新選組を配下に置いた京都守護職の屋敷が、現在の京都府庁がある場所に建てられたことから、出水通はさらに分断されてしまいました。

 出水という名のとおり、この付近は湧き水が豊富に出るところで、この水を活用し、古くから織物の染色工場が多くありました。京都市の下には琵琶湖に匹敵するほどの地下水があるといわれ、特に御所周辺の表層地質は砂礫(されき)層が広く、井戸を掘るにも数メートルも掘れば水が湧き出てきたといわれています。染色工場跡に残された井戸は、埋めても湧水があふれ出てきて、新しい家を建てるのに苦労したそうです。豊臣秀吉が築いた聚楽第(じゅらくだい)の遺構上にある松林寺(上京区智恵光院通出水下ル分銅町)近くの話です。

 出水通は、「七不思議の通り」ともいわれています。千本通より西側に多くの寺院がかたまって建っている地域がありますが、このうちのいくつかの寺に不思議な言い伝えが残っています。京都には「六道珍皇寺」や「一条戻橋」「知恩院」などの七不思議伝説がありますが、出水通の七不思議もなかなかユニークなものがありますので、本文でご紹介しましょう。

 途中で通りが分断されている出水通ですが、京都府庁舎や京都御苑の中を通り抜けて、最終的に鴨川まで歩いてみたいと思います。出発起点となるのは市バス「七本松出水」のバス停から。四条烏丸から52系統のバスが出ていますが便数が少ないので、千本出水のバス停から歩いてもいいでしょう。さほど長くない距離です。

出水の七不思議を訪ねる
出水の七不思議を訪ねる

出水の七不思議を訪ねる

壱の不思議
☆地福寺(ちふくじ)上京区七本松通出水下ル七番町356
 京都十二薬師霊場の第5番目の薬師様を奉る地福寺は、真言宗醍醐派の寺院です。この寺の不思議は、ご本尊である「日限(ひぎり)薬師」と呼ばれ、石に穴をあけて五色の紐を通して奉納し、49日間にわたって祈願すると耳の病が治るといわれています。そのことから「耳の仏様」とも呼ばれています。

弐の不思議
☆極楽寺(ごくらくじ)上京区七本松通出水下ル三番町282
 浄土宗の寺院である極楽寺の山門は、通常1カ所しかないはずの小袖門(潜戸)が大門の両脇にあります。2つの小袖門がある山門は非常に珍しく、寺院や屋敷などではこの極楽寺にしか存在しないものではないかと思います。見たままの「三ツ門」と呼ばれていますが、何のために2つの小袖門を造ったのかは謎……ということで出水の七不思議に数えられています。

 また、境内にある「金谷水(きんこくすい)」は、天正15年(1587)10月に開かれた秀吉の「北野大茶湯(きたのおおちゃのゆ)」で使われた水です。茶会は10日間の予定が1日で中止されましたが、「金谷水」は京都の銘水の代表格であったことがうかがい知れます。また、別の名を「勝井戸(かちいど)」ともいい、この水を飲むと勝負事に勝てるといわれていることから、多くの人々が訪れるそうです。

参の不思議
☆観音寺(かんのんじ)上京区七本松通出水下ル三番町28
 浄土宗の寺院である観音寺の不思議は、「百叩きの門」と呼ばれるもので、寺の山門は伏見城の牢屋の門を移築したと言い伝えられています。罪を犯して投獄された者がようやく釈放される際、「もう二度と過ちは繰り返さない」と決意するため、門前で百度叩かれたことから「百叩きの門」と名付けられました。

 この門からあるとき、誰かがすすり泣く声が聞こえてきたことがあり、住職が見ると潜戸が風で開閉するたびに人の泣き声のような音を立てていて、「これは罪人たちの霊が乗り移ったのかもしれぬ」と考えた住職は念仏を唱えて鎮魂したそうです。

出水の七不思議を訪ねる
出水の七不思議を訪ねる
出水の七不思議を訪ねる

四の不思議
☆五劫院(ごこういん)上京区出水通七本松東入七番町348
 浄土宗鎮西派の寺院である五劫院には、「寝釈迦」という有難い御姿があります。著名な彫刻師によって彫られたものではなく、潜戸上の「木目」にその御姿を現されたもので、方角的に極楽浄土がある西方にむけて寝ていることから、とても有難い模様であると思えます。よく見ないとなかなか分かりづらいので、じっくりと探してください。

伍の不思議
☆光清寺(こうせいじ)上京区出水通六軒町西入ル七番町339
 臨済宗建仁寺派である光清寺には「浮かれ猫」の絵馬があり、これが七不思議のひとつです。時は江戸後期、寺の近くの遊郭・五番町(水上勉の小説『五番町夕霧楼』で有名)から三味線の快い音色が風に乗って流れてくると、その音調にいざなわれて、光清寺の弁天堂に掲げられていた絵馬から猫が浮かれて飛び出し、女人の姿に化けて踊り出すので周辺は大騒ぎに。住職が法力で猫を絵馬に封印することになったのです。

 しかしその夜、眠る住職の枕元に束帯姿の武士が立ち、絵馬の猫の化身である旨を告げ、約束するから自由にさせてほしいと懇願。住職が法を解いたところ現れなくなったという。この言い伝えから、弁天堂は三味線上達を願う者が多く訪れたとか。三味線は猫の皮で造られる楽器ですから、本来は相容れないように思えます。もっとも、歌川国芳に「猫のけいこ」(1841)という、猫が集まって三味線の稽古をしている絵がありますが。

 ここの境内には重森三玲(しげもり みれい/1896~1975)の造作した庭「心月庭」(1967)があります。重森は昭和の作庭家で研究者でもあった人物で、京都では東福寺、大徳寺の塔頭・瑞峯院庭園、松尾大社などの庭園を造りました。がっしりと組まれた石、苔を斬新に使ったりする作風は古い時代の枯山水式庭園の感覚とは異なり、モダンさを感じさせます。この「心月庭」も、白砂の砂紋が美しく、台座と石のバランスの絶妙さは見飽きることがありません。本堂前にも「心和の庭」なる重森の庭があります。

 また、重森作品として有名なものとして、岸和田城(大阪府)の「八陣の庭」があります。昭和28年(1953)に完成した砂庭式枯山水庭園で、『三国志』の諸葛孔明の八陣法を主題に、「天・地・風・雲・鳥・蛇・龍・虎」の陣に石組が配されている。幾何学模様を思わす白砂のこの写真は、岸和田城天守から眺めるよう設計されています。京都ではありませんが、一度出かけてみるのも一興かと思います。

六・七の不思議
☆華光寺(げこうじ)上京区出水通六軒町西入七番町331
 「出水の毘沙門様」の名前で地域に愛されている日蓮宗の寺院・華光寺は、豊臣秀吉から寄進された毘沙門天像を守り神としていて、境内にある梵鐘は鎌倉時代後期の作。第二次世界大戦の際にも供出されずに残った貴重なものです。この鐘の下に秀吉が手植した「時雨松(しぐれまつ)」の古株が置かれています。この「松」こそが出水七不思議の一つで、晴れた日でもこの松の枝からは常に水滴を落としていたそうで、大正時代まで姿をとどめていたとか。そして、七不思議の最後は、今から3~40年前まで育っていたという「五色椿」。普通、椿といえば赤と白色を思い出しますが、この椿は五色の花をつけたそうです。なんとも不思議な話です。

 華光寺で、長谷川平蔵という名前を思い出した人がいたとすれば時代小説ファンでしょう。池波正太郎の小説『鬼平犯科帳』は小説もテレビドラマも多くのファンに愛された物語で、火付盗賊改(ひつけとうぞくあらため)長官の平蔵と与力、同心、密偵たちの活躍が描かれていました。

 悪人どもから「鬼の平蔵」略して「鬼平」と呼ばれた長谷川平蔵は、天明7年(1787)に長官に就任しますが、時代は松平定信が老中で、寛政の改革が始まった年。世情は荒れ、治安が悪化していた時代であったことから、火付け(放火)や押し込み強盗などの犯罪が多発していました。そうした中、平蔵をトップに与力や同心、密偵などを駆使して取り締まる平蔵。時に厳しく、時に人情味にあふれた裁きが多くの読者や視聴者から愛されました。最も新しく平蔵を演じたのは、人間国宝の歌舞伎役者である中村吉右衛門です。

 華光寺と江戸の長谷川平蔵がいかなる関係があるのかといいますと、この寺に平蔵の父である長谷川宜雄(のぶお)の墓があり、平蔵が休暇を利用して墓参するという物語で、『鬼平犯科帳第3巻』(新潮文庫)に収録された「艶婦の毒」という短編です。平蔵は墓に参り、和尚に昼食を御馳走になるという設定になっています。そして、物語はかつて平蔵といい仲であった「お豊」という女人が、平蔵のお伴をした同心・木村忠吾と逢瀬しているのを目撃する……という展開になっていくのですが、その先は書籍でお楽しみください。

 『鬼平犯科帳』は池波正太郎の創作ですが、長谷川平蔵は実在の人物です。華光寺が登場する「艶婦の毒」を読んでから訪ねると、一層、江戸時代から現代まで連なる時間の流れをリアルに体感できると思います。

隠れた桜の名所と聚楽第の痕跡をたどる
隠れた桜の名所と聚楽第の痕跡をたどる

隠れた桜の名所と聚楽第の痕跡をたどる

 「西の寺町」とも呼ばれた寺院集合地から出水通を東へ進みます。クルマ一台が通れる広くない生活道路が続き、「平安宮宴松原跡」という石碑が路傍に建っています。ここは、宮中の人々の宴会の場所であるとか、内裏の建て替え用地であるとか諸説ありますが、かなり広い土地が広がっていたと考えられています。承和元年(834)に空海によって真言院が建立されたといわれていますが、『今昔物語』などに、松の木の下で女性が鬼に遭遇し殺害されたといった、人気のない土地であったといわれています。

 千本通をまたぐと南側に「桜宮神社」があります。京都人にもあまり知られていない隠れ社で、由緒をたどれば醍醐天皇の代にまで遡ります。北野天満宮の右近の馬場にある桜の巨木に紫の雲が棚引き、芳香を放ったことから、天照大御神を祀る「桜宮日降の神明」と称せられました。その後、現在の地に移設され、白河天皇、足利家、織田信長と歴史を貫いて深い関係を築いた神社です。現在もこの付近の地名は「神明町」といい、地域がこの「桜宮神社」をとても大切にしていることが、境内の清浄な風景を見ても分かります。

桜宮神社

〒602-8169
京都市上京区西神明町
隠れた桜の名所と聚楽第の痕跡をたどる

 さらに、次の通りを少し上ルと平安京の大内裏の蘭林坊(らんりんぼう)があった場所があり、石碑が建てられています。延暦13年(794)長岡京より遷都してきて、この付近に東西1,2キロ、南北1,4キロに及ぶ天皇の居住区域「大内裏」をはじめ、行政の中枢機関が造られました。蘭林坊とは、内裏の北西部。朔平門と式乾門の間に建てられたもので、宮中所蔵の御物や御書を納めておく場所のことです。

 同じ石碑には、時代を越えて豊臣秀吉時代の聚楽第(じゅらくだい)の建物が建てられていて、秀吉の姉の瑞龍院日秀と三好一路の次男で、後に秀吉の養子になった秀勝の邸宅があったといわれています。秀勝といえば、娶った妻が浅井長政の三女で、浅井奈々(淀殿)の末の妹にあたる「お江」であり、かつて大河ドラマで描かれたことから、憶えておられる方も多いことでしょう。

 秀勝は出兵中の朝鮮で亡くなってしまい、お江はその後、徳川幕府第二代将軍である徳川秀忠に再嫁しますが、大阪の陣で姉の淀殿と豊臣秀頼を失うと、養源院を建て二人の菩提を弔います。一柱の石碑の裏側には大きな川の流れのような物語が潜んでいるのですね。

豊臣秀勝邸跡伝承地・平安宮内裏蘭林坊跡 石碑

京都市上京区土屋町通出水上ル付近

 浄福寺通を越えて少し南の方向を見ると、ゆるやかな下りの坂道になっていて、松林寺(しょうりんじ)という浄土宗鎮西派の寺院があります。山門があり、そこから石段が下っています。これは、聚楽第の遺構と思われ、門の横の石碑には「聚楽第南外濠跡」と刻まれています。発掘調査によれば、聚楽第の外堀の一部であったと推測されています。聚楽第は天正14年(1586)から建設工事が始まり、翌年に完成したと伝えられていますが、文禄4年(1595)、秀吉は聚楽第をすべて破壊し、建築物の多くは建設中であった伏見城や大徳寺唐門、妙覚寺表門、西本願寺飛雲閣などに移築されました。そして、堀などはほとんど埋め立てられ、石垣は崩され、遺構はほとんど残っていませんが、平安京の大内裏の上に縄張を敷き、本丸を中核にいくつもの曲輪が築かれていたことでしょう。天守が上げられたかどうか不明ですが、大坂城や大和郡山城などに共通する黒い天守が聳え立っていたのかもしれません。

 ところで松林寺は、新選組と双璧を成す「京都見廻組」の与頭である佐々木只三郎が寓居していたそうです。佐々木は、近江屋での坂本龍馬、中岡慎太郎暗殺事件に関わりがあるといわれている人物。この松林寺から河原町四条へ向かったのかもしれません。

 この地域に暮らす方に聞いたところ、松林寺がある界隈は染物工場がたくさんあって、それぞれ敷地内に井戸を掘っていたそうです。そして工場がなくなり、普通の住宅地となって家を建てようとしたとき、井戸を埋めようとするものの水が溢れ出して苦労したそうです。また、松林寺が建つあたりには池があって、水はけがあまりよくない地域だったとも話しておられました。地下水脈の豊富さを物語っていますね。

松林寺/聚楽第南外濠跡石碑

〒602-8174
京都市上京区智恵光院通出水下る分銅町575
隠れた桜の名所と聚楽第の痕跡をたどる
隠れた桜の名所と聚楽第の痕跡をたどる

  堀川通を越え、油小路通を過ぎると目の前に京都府庁の大きな建物が見え、出水通を塞いでいます。ここから少し通りは寸断され、新町通から烏丸通までの短い区間があって、さらに京都御所に行き当たるため、出水通は終点となります。京都御所が造られる前までは、鴨川を越えて東山の麓、吉田神社付近まで続いていた出水通。広くて気持ちのいい鴨川の風景を楽しんで帰路につきましょう。



(写真・文/上野卓彦 寺社、城、街道、石碑、昔の暮らしなど歴史をめぐる文章を雑誌等に執筆。京都の路地や辻子、図子にあるお地蔵様や大日如来様、仁丹琺瑯看板などを探して歩いているライター)

記事を読む
上賀茂の道上賀茂の道大徳寺通(紫竹街道)上立売通
西洞院通河原町通馬代通河原町通その1
四条通その2四条通その1蛸薬師通綾小路通
柳馬場通両替町通衣棚通不明門通
大黒町通大和大路通冷泉通御幸通
麩屋町通堺町通醒ヶ井通智恵光院通⇒上御霊前通
大宮通三条通その2夷川通三条通その1
哲学の道木屋町通⇒先斗町姉小路通千本通⇒五辻通
浄福寺通曼殊院道鷹峯街道鞍馬口通
丸太町通寺町通
関西城紀行TOPにっぽん城紀行TOP
《 広告に関するお問い合わせはこちら 》
株式会社日豊社
〒530-0044 大阪市北区東天満1丁目12番13号 IAG天満ビル
TEL 06-6357-3355 FAX 06-6357-3406

PAGEトップへ