一日散策 関西歴史紀行 【間之町通 Ainomachi】

京都の通り1本を端から端まで 1日で歴史を味わう散策コース

PLAN37 間之町通 Ainomachi

間之町通 Ainomachi間之町通 Ainomachi
間之町通 Ainomachi

 間之町通と書いて「あいのまち どおり」と読みます。豊臣秀吉の時代、天正の洛中大改造によって新しく造られた通りで、広い烏丸通から3筋東を、七条通から丸太町通までの南北に走る約3キロの通りです。途中、松原通と万寿寺通、高辻通から姉小路通の間が中断しているという不規則な通りで、端から端までをとおして歩くことが難しい道です。

 間之町とは、間の道ということですが、これは高倉通と東洞院通の「間」に造られた突抜路という説と、東本願寺の門前で地割された2つの門前町を、東と西に分けたからという説があります。御所が拡張されるまでは「出水通」まで伸びていました。京都在住の人たちも、この通りを利用しなければあまり知る人も多くありません。

 しかし、「あいのまち」という響きが「愛の街」を連想させることから、地元の人々から親しまれている通りです。

 間之町通には、学問の神様である菅原道真公の乳母だった多治比文子(たじひのあやこ)が道真公を祀った天満宮や、江戸の俳諧の祖といわれる松永貞徳の邸宅跡、邸宅の鎮守のために建てられた花咲稲荷神社、関西の人には馴染み深い「西村の衛生ボーロ」で有名な尾張屋西村衛生ボーロ本舗のお店があったりと、散策するのに楽しいスポットがいくつもあります。通り自体、さほど広くなくてクルマの通行も多くないため、撮影をしたり、並んでいる店を覗いたりしながら歩くには楽しい通りです。

 今回は、京都駅から歩いて少し、七条間之町を起点にしてスタートしましょう。

菅原道真公の乳母・文子の天満宮
菅原道真公の乳母・文子の天満宮

菅原道真公の乳母・文子の天満宮

 京都タワーが見える七条通。烏丸通から東へ3本目に間之町通があります。標識が掲げられていませんが、「渉成園(しょうせいえん)」の矢印看板が掛かっているのでそれを目印に北へ向かいましょう。また、写真にあるように小学校があります。これも目印にしてください。

 しばらく歩いていくと「渉成園」の入口があります。真宗大谷派の本山である東本願寺の飛地境内地で、通称「枳殻邸(きこくてい)」。関西歴史紀行の「河原町通その2」篇で少しご案内しています。時間の余裕があればぜひ立ち寄りたいものですね。

菅原道真公の乳母・文子の天満宮
菅原道真公の乳母・文子の天満宮

 やがて、天満宮と記された姿かたちのよい鳥居が見えてきます。「文子(あやこ)天満宮神社」です。

 多治比文子は道真公の乳母をつとめた女性で、成長した道真は宇多天皇(867~931)に重用され出世していきますが、醍醐天皇時代(897~930)に讒訴(ざんそ/虚偽の告発)され太宰府に左遷され、延喜3年(903)59歳で亡くなります。道真の死後、天変地異が頻発したことから朝廷は「道真の祟り」と懼れ、天満天神として神として祀りました。頭脳明晰だった道真は現在、学問の神様として愛されています。

 道真が亡くなってから、文子は「私を右近の馬場に祀ってください」という託宣を受けます。育ての親であった文子ですが、道真を祀るだけの財力がなく、自宅の敷地内に小さな祠を建てて日々参っていたそうです。幾度かの大火により自宅も祠も焼失してしまいますがその都度建て直され、明治の代になって神社となり現在に至っています。現在の社殿は大正7年(1918)に建てられたものです。

 文子が建てた祠と、近江国の幼子にも道真の託宣があったことを受けて、天歴元年(947)、北野にあった朝日寺(東向観音寺)の最鎮らが朝廷からの命令を受け、道真を祀る社殿を建立したのが「北野天満宮」の由来であるといわれています。つまり、文子の祠は北野天満宮の前身であり、わが国で初となる「天神信仰の地」であるといえます。現在も多くの受験生をはじめ、「文子」という名前の方々がお参りに来られていて、「全国文子会」という組織もあるようです。

 境内には文子像があり、その優しそうな姿に、道真を育てた頃、深い愛情を与えたのだろうと想像できます。また、道真が九州太宰府へ旅立つ前にこの社に立ち寄り、腰掛けたと伝えられる石が残されています。ここで文子と昔の話を楽しんだのかもしれませんね。ぜひ訪れたい京都の小さな神社です。

文子天満宮神社

〒600-8184
京都市下京区間之町通花屋町下る天神町400
075-361-0996
http://ayakotenmangu.or.jp/index.html
路地を眺めつ佛光寺へ
路地を眺めつ佛光寺へ

路地を眺めつ佛光寺へ

 なつかしい木造の建物や石畳の路地を眺めながら歩いていると、小さな鳥居を発見しました。「花咲稲荷神社」です。江戸初期の俳人歌人・松永貞徳(まつながていとく/1571~1654)が隠居してこの地に住んだことから、邸宅跡を稲荷社としたものです。

 松永と聞いて、松永久秀(まつなが ひさひで/1508~1577)を思い出した方はきっと歴史好きでしょう。稀代の謀略家という呼称もある戦国武将で、主君や将軍家の者を暗殺し、東大寺大仏殿を焼き、自身も爆死するというダイナミックな人生を送った人物で、織田信長から「油断のならない人物」と評されます。この久秀が、貞徳の祖父にあたる、という説があります。しかし、貞徳は祖父のように劇的な人生を送るのではなく、きわめて順風満帆、穏やかな生涯を送ったようです。

 貞徳は20歳の時、豊臣秀吉の右筆となります。右筆とは文章を代筆する秘書のような役回りですが、やがて公文書なども扱うようになり地位が上がっていきます。貞徳は石田三成らと共に秀吉の右筆を務めます。その後、歌人として名高い細川幽斎(ほそかわ ゆうさい)から和歌を学び、やがて多くの門人を集めて俳諧や歌を教えます。そして朝廷から「花咲翁」という名を賜り、花咲の翁、五条の翁などと多くの人に愛されます。この貞徳の邸宅跡が花咲稲荷神社として今も偲ばれています。

 こうした、小さいけれど地域の人々に大切に守られている神社が京都にはあります。京都案内のガイドブックなどにはあまり取り上げられませんが、通りを歩いていて出会ったら、ぜひご挨拶しておきたいものです。もちろんお賽銭も丁寧に箱に収めたいですね。

花咲稲荷神社

〒600-8098
京都市下京区稲荷町

 花咲稲荷神社を上ルと万寿寺通に行き当たり、ここで間之町通は一旦、松原通まで分断されます。西の東洞院通か、東の高倉通を北上して松原通まで向かいます。すると、佛光寺の大きな屋根が目の前にとびこんできます。親鸞聖人が山科に建てた寺を起源とする真宗佛光寺派の本山で、東山渋谷に移転した後、天正年間に現在の地に移ってきました。広い境内を散策するのもいいでしょう。

 間之町通は、高辻通から姉小路通までふたたび中断します。東隣の高倉通を進んでいきましょう。

古きよき雰囲気の通りを歩く
古きよき雰囲気の通りを歩く

古きよき雰囲気の通りを歩く

 四条通を越えて錦小路を進んでいくと、道端に「菁々塾(せいせいじゅく)」と刻まれた石碑が建っています。「菁々塾」とは、西谷淇水(にしたに きすい/1824~91)なる人物が創設した私塾で、寺子屋です。西谷は教育の大切さを常々訴え、慶応3年(1867)から明治元年にかけて、奉行所や新政府に対し小学校設立の提言を繰り返しおこないました。

 西谷は、何の勉強もせずに成長する者が多く、それらが身を持ち崩してしまっているが、これは本人の責任ばかりではなく、両親や育てる者の教育ができていないからだと言い、人間には教育が必要であると強く説いて、学費のかからない官営の教育施設を造るべきであると訴えたのです。西谷は、江戸中期から手跡指南所篤志軒を営む西谷家の8代目で、「菁々塾」はその跡地です。今の時代も、モンスターペアレンツなど教育が足りていない大人が増え、自分本位の権化のような親が問題になっていますが、江戸から幕末期にも同じような者たちがいたのかもしれません。

菁々塾

中京区高倉通錦小路上る東側

 御池通の手前にも石碑があります。「在原業平邸址(ありわらのなりひら ていあと)」です。平安時代前期から中期に活躍した六歌仙の一人で、すぐれた和歌を多く作り、「古今和歌集」にも多くの歌が収められるという才人です。

 在原業平は容姿が非常に美しく、美男子の代名詞にもなっていて、能楽にも登場します。謡曲『杜若』では、旅の僧が三河の八橋に差し掛かると、杜若の精霊が『伊勢物語』を語り、業平の歌のおかげで成仏できたという物語です。

 また、世阿弥作の『井筒』は、旅の僧が在原寺を訪れると女が井筒の水を古びた塚に手向けているので尋ねると、業平と契りを結んだ女の娘であるといって消える。僧侶が供養をすると、業平の形見であった冠、直衣を身に着けた井筒の女が現れ、昔を偲び「恥ずかしや、昔男の移り舞」を舞い、夜明けと共に消えていきます。幽玄な鬘物(かずらもの/主に女を主人公=シテにした物語)の傑作です。

 物語などに取り上げられるほど魅力あふれる男性であった在原業平ですが、現代では「まるで在原業平のような男前だね」という比喩は通用しないようです。

 間之町通には、今も香しい京町家が点在しています。いま、こうした町家が壊されていく現状があります。観光都市京都には多くの観光客が訪れ、宿不足が慢性化しているなか、新たなホテルなどの建設が進んでいて、町家の跡地に建設されようとしています。しかし、京都の魅力は町家など古き良き、小さな建物の存在が集合することで生み出されているのも事実です。エッセンスとしての古い建物が寄り集まって京都の魅力を作り出していることから、少しずつであれ京町家が消えていくことは淋しいことです。小さなものがプラスされて大きな京都の魅力が構築されているなら、たとえ点在しているものであっても、風景のなかからこれらが消滅していくのは心許ないと感じます。

 文化を守ること、歴史をつないでいくことが大切な所作であることを、少しくらい考えてもいいのではないかと思います。

懐かしくて新しい西村の衛生ボーロ
懐かしくて新しい西村の衛生ボーロ

懐かしくて新しい西村の衛生ボーロ

 「衛生ボーロ」と聴けば、京都の人なら「西村の……」とすぐに思いつくほど有名な「西村衛生ボーロ本舗」のお菓子。明治26年(1893)、御所に近く武家屋敷が建ち並んでいたこの地域で「刀屋」を営んでいた西村元吉氏が、明治9年(1876)に発令された帯刀禁止令にともない、商売替えをして起ち上げたのが「尾張屋 西村衛生ボーロ本舗」でした。今も店に掛けられた暖簾には「尾張屋」の「尾」の文字が染められています。

 子供から年配者まで、衛生的で消化にいいお菓子を作ろうとろうと、京都で初めて「衛生ボーロ」として発売しました。当時から、保存料・着色料を一切使わずに作られた衛生ボーロは、口の中でほんのりとした甘みとやさしい舌ざわりで人気を集めます。明治、大正、昭和という激動の時代も、その味と食感は変わることなく、とりわけ戦後のベビーブームでは、幼い子供にとって貴重な栄養でもありました。そして、平成から令和の時代になっても、懐かしくて新しい味覚の「西村の衛生ボーロ」は人気のお菓子です。

 定番の「エイセイボーロ」をはじめ、「かぼちゃボーロ」「まるボーロ」「紫いもボーロ」など、粒が少し大きくなった新商品にも人気が集まっています。誕生してから125年以上続く西村の衛生ボーロは京都の伝承菓子であり、曾祖父母から祖父母、父母へ、子供からその子供たちへと脈々と受け継がれています。

 間之町通を散策して疲れた身体に、きっと「西村の衛生ボーロ」は優しい活力と幼い頃に食べたという記憶と郷愁を甦らせてくれます。歩きながらや、お土産にぜひ買い求めたい一品です。   

株式会社 西村衛生ボーロ本舗

〒604-0813
京都市中京区間之町二条上ル夷町580番地
075-231-1232

 間之町通は丸太町通までで終わりになります。その先は京都御苑になっていて、時間があれば苑内をのんびりと散策してもいいですね。



(写真・文/上野卓彦 寺社、城、街道、石碑、昔の暮らしなど歴史をめぐる文章を雑誌等に執筆。京都の路地や辻子、図子にあるお地蔵様や大日如来様、仁丹琺瑯看板などを探して歩いているライター)

関西城紀行TOPにっぽん紀行TOP
《 広告に関するお問い合わせはこちら 》
株式会社日豊社
〒530-0044 大阪市北区東天満1丁目12番13号 IAG天満ビル
TEL 06-6357-3355 FAX 06-6357-3406

PAGEトップへ